No plan,No child

お金について

前回、出産に対するお金についての記事を投稿させて頂き、反響があったか否か・・
よく分かりませんが、今回は続編的な位置付けでの投稿となります。


「No plan,No child」はタワーレコードさんの「No music,No life」から文字ったもので
意味的には、「計画があれば、子供もある」的な感じです。


出産には、お金が掛かること、それに対する制度で補償されていることについては、前回の
投稿でお教えした通りで、出産については安心して産むことが出来ると思います。


ただ、産むことと子供を育てることは別物であり、子供を育てる上で、多くの支出が生じてき
ます。


今回は、その辺の内容について、纏めさせて頂きました。


実際に子供を育てる上での費用を見たら、無責任に子供を産みたい。と言った類いの事は、無計画
には言えなくなるんじゃないですかね。

世の中、お金じゃないよ!!
愛だよ、愛!!

なんて若気の至りで言いたくなることも分かりますが、正直

よしたか
よしたか

愛だけでは子供は育てられないよ

では、一緒に学んでいきましょう!!

子供にかかる養育費について

年間に掛かる養育費(教育費は除く)は、少し古いデータベースとなりますが

年間養育費月別
未就学児 約84.3万円約7.1万円
保育所・幼稚園約121.7万円約10.2万円
小学生約115.4万円約9.7万円
中学生約155.6万円約13.0万円
内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」より

くらいと言われています。

子供にかかる教育費について

公立・私立のどちらに進学するか・・によって変わってきますが、下図に示す通りすべて
私立の場合、約2216万円で全て公立(国立)で約775万円と約2.86倍も変わってくることが
分かります。

文部科学省「子どもの学習費調査(平成26年度)」出展

この学費を月々辺りに支払う額に換算すると

公立(月々辺り)私立(月々辺り)
幼 稚 園(3年間)1.84万円4.14万円
小 学 校(6年間)2.68万円12.79万円
中 学 校(3年間)4.03万円11.17万円
高等学校(3年間)3.42万円8.28万円
大  学(4年間)5.17万円9.29万円

*2019年10月から、3~5歳児の幼稚園、保育園、認定こども園などの利用が無償化に
 変わっています。

このように月々辺りの支払いに換算してみると、公立の場合、小学校まではかなりリーズナブル
だが、中学校以降はかなり負担も厳しくなってくることが読み取れますね。

教育費の貯め方について

一般的には以下の2ケースが考えられます。

【貯蓄】

  • 子供名義の口座を作り、児童手当を貯める。
  • 積立定期預金で貯める。

【学資保険(こども保険)】

  • 子供の進学時期に合わせ、満期を設定出来る。
  • 契約者が死亡したときは、保険料が免除され、保険金が支払われる(契約内容による)
  • 「返戻率」を確認し、定期的に貯める。(途中解約など、元本割れの恐れあり)

上記は、あくまでも元本割れのリスクが最も低いケースでの貯蓄方法であり、個人的にはもう少し
利回りの良い貯蓄方法が良いなどの場合、投資信託なども自己責任の範疇で、活用するのもよいか

思います。

教育費が支払えない場合

最悪、教育費が支払えない場合、

【奨学金】

  • 給付型と貸与型がある。
  • 日本学生支援機構の奨学金のほか、各々の大学独自の制度などがある。
  • 2020年4月入学者から「高等教育の就学支援制度」が実施される。

*「高等教育の就学支援制度」とは、高校などの生徒を対象にした、国による授業料の支援の
 仕組み。(保護者等の年収が910万以下の場合)

【国による教育ローン】

  • 金利が安い
  • 限度額が低い(350万円)
  • 子供の人数に応じ年収制限がある。

【民間による教育ローン】

  • 金利が高い
  • 限度額が高い(最高1000万円)
  • 審査機関が短い

などを用い、教育費を支払っていく義務があります。

まとめ

このように、養育費・教育費を合算すると、子育てには相当なお金が掛かることが分かります。


これから出産を考えている夫婦やカップルは、その費用以上に子供がいる生活に対し幸せを感じ
るか否かをよく考え、ライフスタイルを決めるべき時代に来ています。



よく考えた上で、無理のない自分たちに合った幸せの形を見つけて欲しいと思います。

そして、子供を産むことを決意した場合、早めの貯蓄をすることを推奨します。
また、貯蓄する為の、プランも考えていきましょう。

最後に、まだ親のすねをかじっている子供たちは、親がこの費用を無償で支払ってくれているん
だなぁ・・


と言うことを少しでも理解してくれると、親としてこれほどありがたいことは無いかな。と思い
ます。


収入に伴い、教育費を支払えないなどの家庭の事情もある場合は、よく考えた上で、奨学金や
教育ローンを使うようにして下さい。


聞こえはいいですが、ようはお金を借りる名称が変わっているだけで、ただの借金です。
このような借金をした場合、返済までにかなりの時間を要し、社会人になった瞬間から十字架を背
負わされてのマイナススタートとなりますのでよく考えしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました