加速するキャッシュレス化社会、抗うことなく波に乗れ(クレジットカード編)

お金について

多くのカード会社でクレジットカードは、高校生を除く18歳以上から

定めており、クレジットカードを持つと言うことが大人のステータスにランクアップ


スッとさりげなく出すカードの色がゴールド・・・

そんな仕草に憧れたよしたかです。


さて、2022年度も1ヶ月を過ぎ、新社会人の方も少しずつ仕事に慣れつつ

ある今日この頃でクレジットカードを持とう!なんて思っている方もいるんじゃないでしょうか?


今回は、お金にあんまり関係ない内容だな・・
他の投稿見ようかな。

何て思う方もいるかもしれませんが、答えはノンです!


クレジットカードは我々の生活に密着しており、使い方次第で十分得になる存在なので、その点を
踏まえ、おさらいをしておきましょう!!

クレジットカードはどこで使える?

近年、クレジットカードを使えないところを探す方が難しいですが、下図のマークがあるところで
あれば、使用出来ます。

このマーク、名称が有るの今回初めて知りましたが「アクセプタンスマーク」というみたいですね。


と実際には、このマークを大々的に出していないところもありますので、ひと声
「クレジットカード使えますか?」


って聞いた方が早いですね。笑

カードとブランドについて

カードには2種類あって、「プロパーカード」と「提携カード」が有り

【プロパーカード】
カード会社が独自に発行しているクレジットカード
⇒「JCB」

【提携カード】
カード会社がほかの企業と提携して発行するクレジットカードのこと
⇒「VISA」「Mastercard」

且つメジャーで耳にしたことが有るブランドとしては、主に5つ有り

1⃣VISA
2⃣Mastercard
3⃣JCB
4⃣American Express
5⃣Diners Club

と言った感じで分れて、


国内のシェアとしては、3強といった感じとなっています。

             【イプソス株式会社 2020年キャッシュレス大規模調査】より引用

カードはどれを??

はっきり言ってしまえば、ブランドに大差はあまり無いかな・・
って個人的な見解です。


ですが、しいて特徴を言うのであれば、海外(主にアメリカ)に行く機会が多いなら「VISA」、
海外(主にヨーロッパ)に行く機会が多いなら「Mastercard」が強いと言われています。


国内なら、付帯サービスの充実した「JCB」一択で問題無いと思います。
(自分は当時、そこまで考えていなかったのでVISA、Mastercardなどランダムにデザインで
 選んでしまいました・・)


クレジットカードを持つことのメリット・デメリット

クレジットカードは、使い方次第では、自身の資産運営する上でも、大きく影響があるくらい
各カード会社のポイントの力は、偉大です。


ポイントの還元率の多い会社では、条件付きで1~2%くらいはあります!

たかが、1~2%くらいで騒いじゃって・・
小さな男ね

小さな積み重ねですが、日常の買い物に対し、常にポイントが貯まっていけば相当なポイント数が
貯まるのでカード選びも慎重に判断した方がいいんです。

ちなみにカードは、相当な種類有りますので、自分の行動履歴を考え、よく買い物する場所や還元率
など考えて
選ぶことをお勧めします!!


では、クレジットカードを持つことへのメリット・デメリットですが、ザクっといって

【メリット」

1⃣買い物など支払いに対し、ポイントが還元される

2⃣支払いをスムーズに済ませることが出来、レジなどでの時間のロスが無くなる

3⃣キャッシュレス化により、財布に小銭が貯まらなくなる

4⃣落としても、お金のように即使用される恐れが無い

5⃣運用履歴から資産管理が出来る

6⃣支払いが先送りに出来る

と言った感じでメリットがたくさんあります。


一方のデメリットはと言うと

【デメリット」

1⃣必要以上にお金を使いすぎてしまう

2⃣不正利用など、悪用されることが怖い

3⃣リボ払いや分割払いすると割高になってしまう

4⃣年会費を払うことに対しためらいがある

デメリットがあるからやっぱり持つのは怖い・・

ではなく、デメリットの1⃣~4⃣については、以下で改善出来ます。

1⃣の対策:使い過ぎに対しては、ショッピング利用限度額を設定が可能です。

2⃣の対策:不正利用に対しては、カード会社が補償する制度が確立されているため、こまめに
     チェックして疑問に思う支払いには問い合わせして、解決していけば問題無しです。

3⃣の対策:支払いが割高になる件は、分割せず1回払いとして下さい。
     このようにすれば、支払者側はお金と同様の金額以上払うことはありません。
    (店舗がカード会社へ若干負担することにはなりますが・・)

4⃣の対策:カードはとても多く種類があり、年会費を払わなくても個人のニーズに応えてくれる
     ものが必ずあるはずです。


要は、馬鹿と鋏は使いよう なんです。
使い方さえ謝らなければ全然怖くなく、メリットしかないクレジットカード


ポイントの還元で若干かもしれませんが経済的に助かるクレジットカードは、使わない手はないかな・・って思ってきませんか。


使用時の注意事項

使う際の注意点をいくつか教えたいと思います。
(かなり今更ではあるかもしれませんが・・)

  • カードは作りすぎず、メインとサブくらいが良いと思います。
    理由は、多く作るとポイントが分散され、使用出来るポイントが貯まる前に、使用期限が
    切れてしまうためです。


  • ポイントは、貯めずにすぐに使うべきである。
    ポイントの執行期限無しのカードなどついつい、貯めることが楽しくなり、なかなか使わ
    ない方もいますが、ポイントには利息が付きません。

   そのため、出来れば本来支払うべき金額をポイントを使い、使わなかったお金は運用など
   に回すことを心掛けるのがベターです。


まとめ

復唱になってしまいますが、クレジットカード持つ方の使い方次第です。

生活する上で、公共料金や携帯の支払いなどなど出費は避けられませんが、その支払いに対し、ポイ
ントを貰って支払うか、支払わないか・・

決めるのは、あなた次第です。

小さい還元率ですが、数年後には差が付きます。
小さいことからコツコツお金に対する意識を高めていきたいですね。


色々、カードの種類があるため、悩みますが一歩踏み出してみてはどうでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました