加速するキャッシュレス化(コード決済編)

お金について

LINEペイやPayPayなど多くのレジで支払いする光景が日常化されてきている

ように実感し、今日コード決済が普及したように感じる。


そんな反面、まだまだ世界的に見ると日本は後発組で普及率は芳しくない。


掲載通産省の調べでは、2021年8月の調べでは、お隣韓国が94.7%に対し、日本は

30%に留まっており、約1/3となっておりまだまだと言える。


そんな日本は、2025年までに普及率40%をめざし、将来的には世界水準の80%を

目標にしているらしい。


よしたか
よしたか

何で日本では普及しないんだろう?

若い世代の方であれば、そう感じる人も多いと思うので紐解いて行きたいと思います。


まず1つ目の理由は、店舗に対する手数料の高さが問題となっている。


欧州などでは、銀行がクレジットカードなどを発行しているのに対し、日本ではカード会社が

クレジットカードを発行し、手数料を払いながら営業しているため、高くなっています。


もう1つは、キャッシュレス決済が乱立していることである。


これにより、選択しにくさやサービスが分散されてしまっているなどのデメリットが生じている

そうです。


ただし、店舗にとってはデメリットだけではない。


お金の受け渡しが正確かつスムーズに行えるため、店舗も個人も双方の負担が減る。

しかも、コロナ禍である現在、非接触による感染リスクの低減にも一役買っている。


などなど「加速するキャッシュレス化(クレジットカード編)」でも説明したメリットが多数ある。


なんといっても消費者のわれわれ個人としては、一番ありがたいのはポイントの還元や割引などの

特典ですが

コード決済をクレジットカード払いにすれば、ポイントの二重取りも可能である。


ここで注意したいのは、コード決済とクレジットカードの組み合わせで

例えば

楽天系列:楽天カードと楽天Edyとの組み合わせ

ドコモ系列:dカードとd払いの組み合わせ

など、組み合わせを統一することでポイントupの相乗効果が狙えるため、考えて選ぶべきである。


また、最近では公共料金の支払い、固定資産税や自動車税などもコード決済で払え事が出来、便利な上

ポイントも稼げるようになってきている。


まだ始めていない方にとっては、インストール方法や設定方法などが分からないなどスタートを切る上

でのやりづらさはあるが調べれば簡単に分かるし、一度分かればメリット以外感じられないと思う。


トータル的判断をすると、即やるべきです。


ポイントも小さいことですが小さいことからコツコツ改善していくことがお金を貯める上での一歩だと

思いますので、みなさんも考えてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました